So-net無料ブログ作成
検索選択
飛行機 ブログトップ

B737-400 [飛行機]

飛行機、好きですがよく乗るのが写真Boeing777。通称トリプルセブン。470人乗り。
747ジャンボの後継機です。巨大なエンジンが特徴。本当でかいです。あと車輪が片足6本。
ライバルのAirBus340は日本の航空会社では1機も保有してないのでこればっか見ますね。
あと、B767(350人乗り)、スカイマークが使ってるやつもよく見ます。

08032419.jpg
B777トリプルセブン

で、今回乗ったのがめずらしいB737(140人乗り)です。本当に小さいです。
機内の通路が1本しかありません。747と同じころの機種で30年前から飛んでます。
といっても最近はハイテク化が進んでてコックピットは最新式のフライバイワイヤーになってるそうですが。
これって稼動系は油圧じゃなくて電気信号で制御するやつです。
離陸する時はB777の半分位の距離でリフトアップします。ゆれると結構怖いです。
エンジンの形が正面からみるとおむすび型をしてるのが特徴。ちょっとかわいいです。

08032420.jpg

B737

おまけ。九州の菜の花。むせ返るような匂いがしてました。近づくと蜂がいっぱいで結構危険。

08032115.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羽田カーブ(Charlie Approach) [飛行機]

JALの777-300で前から2席目、最左窓側という絶好の席を確保しました。
15:30、羽田16Lへの着陸です。
Charlie Approach(通称羽田カーブ)。
何回も経験してますが 今回は操縦席とほぼ同じ目線で経験できます。
木更津沖から海岸線に沿ってお台場まで来ます。(途中東京TDLが見えます)
そこから90度左旋回して羽田へ。
左に16Lの滑走路を見ながら京浜島の上まで来ます。
もう高度が低くすぐそこに京浜島の倉庫群が 手をのばせば届くほどです。
そこから左30度バンクして超低飛行で120度左旋回です。
左席だと、もう、地表がそこにせまって大迫力です。
バンクを戻すと16Lの滑走路に正対します。
もう、滑走路の先端はすぐそこなので体制を直す暇はほとんどありません。
今回、風もなく楽勝のアプローチのようでしたがどうも若干左寄りに正対するようです。
そこから降りてく際に若干右(外側)に振ってアジャストするような感じでした。
このコースは自動操縦切って手動(マニュアル)で降ります。
いやあ、プロのパイロットってすごいですねえ。
日本でいや香港啓徳空港なきあとアジアで一番難しいと言われる羽田カーブ。
寝てるのもったいないですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エアバスA380 [飛行機]

A380、来年から本当に飛ぶんだね。
国際便仕様で550人、国内線の全てエコノミーだったら 800人乗れるんだそうな。
現役最大のB747ジャンボで540人。A380って巨大だよね。
でも、最新機だけあって離陸、着陸の距離もジャンボより短いし、騒音、燃費もジャンボより 少ないとか。
ようするに現状、ジャンボが発着してる空港へA380は問題なく導入できると。
問題は空港側だよね。ジャンボ使ってるロビーは現状でもあふれ返ってるし。
現状の500人乗るのにも時間がかかってるのに800人はどうよ。
入り口1ッ個所で大丈夫かな。 着陸後の預けた荷物の受け取りもどうよ。

でも年末とか羽田->鹿児島とか札幌とか 一回で800人運んでよ。

日本は政治圧力が強いのかBoeingの導入が8割だそうで。
エアバス、日本での営業活動強化のために日本語のHPを作ったそう。 Bowingは英語しかないんだって。

 http://www.airbusjapan.com/about/index_h.asp

うーん、この最新の強力エンジン4発の離陸の加速度ってどうだろ。ぜひ体験してみたい。


飛行機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。